blog

シロアリの季節がやってきた!!

ゴールデンウィークを過ぎて汗ばむ日が増えてくると、住宅業界ではある特定分野がにぎわってきます。

みなさん、こんな虫見たことないですか?

夜の自動販売機や、住んでる家の窓際に集団で発見されることが多いようです。

じつはこの方たち、シロアリの羽アリさんたちなのです。

シロアリは、ご存知の方も多いかと思いますが、かなりの数での集団生活を木の切り株の下や過ごしやすい土の中などで送っていて、水漏れや湿気などによって湿った柔らかい木材などを餌にするという、とっても家にとっては困った方たちなのです。
毎年この時期になると、ある程度大きくなった巣から羽蟻が出現し、またほかの場所で新たな所帯を持つべく大量に飛び立っていきます。
「おやっ?」と思うかもしれませんが、シロアリの羽アリは以外にも黒い色をしています。

このシロアリたち。
一見アリのような姿かたちをしておりますが、実は非常に社会性を持って進化したゴキブリの仲間だそうです。
一般的に珍しい生き物と思われてることが多いように感じますが、私どものように古い家をしょっちゅう一部解体したり、畳をはがしたりしているものから見ると、全く珍しい生き物ではなく、みなさんたちが思っているシロアリのイメージとのギャップを感じます。
シロアリは普通にそこら辺中に生息しているのです。

先日もリフォームであるお宅の畳を上げてみると…。


いるわいるわ、大行列の出現です!

お施主様が「じゃあこれもそうかな?」と出窓の下あたりを指すと、羽アリの羽がごっそりと…。
間違いありません!

すぐにシロアリやさんに連絡するも時期が時期だけに(ゴールデンウィークから初夏にかけては、羽アリの出現によってシロアリ駆除業者さんは大忙しなのです)すぐには対応できないとのこと。
差し当たりの駆除薬を次の日に事務所に届けてくれるのでそれで対応しといてくださいとのこと。


畳の裏側はこんなでした。

2日後、下見に来てくれました。

結果はかなり被害が進んでいる状況とのこと。
今回モルタルとタイルで作られた古いお風呂をユニットバスへ作り変える予定だったのですが、その古いお風呂の周りからの床下への水漏れが深刻な状況で、それによって濡れた土台や大引き、根太などの床の構成部材が多数深刻な被害を受けていました。

根太や束などは指が簡単にズボッと入ってしまうような状況。


こちらはちょっとわかりにくいですが、お風呂の壁を床下から覗いたところです。
深刻なよう…。
コンクリートが湿っているのがよくわかります。

今後被害を受けた部分の補強をし、シロアリやさんが駆除・予防工事の段取りがつき次第入ってもらうことにしますので、床下点検口を新設し、リフォーム終了後に綺麗に駆除してもらいます。

長く放っておくと、みなさんのお住まいにも深刻な被害をもたらす可能性がありますので、普段からの予防を5年おきにやっておくことをお勧めします。(業者による予防保証は5年ごとの更新が必要です)
また、この時期、冒頭の写真のような羽アリを見たら、すぐに業者さんに点検してもらいましょう!

シロアリは決して珍しい虫ではないのですよ!!